歯の矯正なら一宮市の長坂歯科矯正歯科へ

インプラント

長坂歯科矯正歯科のインプラント

長坂歯科・矯正歯科のインプラント7つの特徴

歯科用CTによる正確な診断

従来の2次元(平面)のレントゲン画像と違い、3次元(立体)の画像が撮影できるので、お口の症状や骨の状態をより細かく高い精度で診断ができます。日本歯科放射線学会認定医がしっかりと診断します。

世界シェアNo1のストローマンインプラントを使用

多くの歯科医師の支持を集め、近年世界No1シェアになったストローマンインプラントを使用しています。
手術後長期にわたる安定性が数々の研究により報告されている、実績があるインプラントです。

インプラント治療専門医による手術

カウンセリンから手術まで、インプラント治療の専門医による対応を行っています。
また、補綴の専門医も在籍していますので、インプラントの上の上部構造も1人1人の噛み合わせに合わせて最適な物をお作りしています。

完全個室のオペルームによる安心・安全な手術

完全個室で常に清潔に保たれているオペルームにて手術を行いますので、考えられる感染のリスクを大幅に抑えることができます。

安心の5年保証

より長く安心して使っていただきたいと考え、当院でインプラント治療を行った患者さん全ての方に5年間の保証期間を設けております。

治療前の丁寧な説明と明確な料金提示

インプラント治療は手術が伴うので、不安に思われる患者さんがほとんどです。
患者さんの不安をできるだけ取り除くために、治療前に丁寧に詳しく説明をしています。もちろん料金のことも治療前に明確にお伝えしています。

多くの勉強会へ参加しており、常に最新の情報を把握

常に最新の治療を患者さんに提供できるよう、多くの勉強会・研修に参加し情報と技術をアップデートしています。
安心してご相談ください。

インプラント治療について

歯を失ってしまった場合に行う治療方法です

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった部分に、チタン製の人工歯根を埋め、その上に上部構造と呼ばれる人工の歯を装着させて、歯の機能を回復させる治療方法です。
インプラント治療と同じく、歯を失ってしまった場合に行うブリッジや入れ歯のように、周辺の歯を削ったり、負担をかけたりする必要がありません。
違和感もなく、ご自身の歯を同じような感覚で食事を楽しむことができ、見た目も自然な治療方法です。

インプラント治療のメリット

  • ・ブリッジや入れ歯のように隣の歯への負担がない
  • ・見た目がとても自然
  • ・適切なメンテナンスを行うことでほぼ永久的に使用できる
  • ・食事やお話する時も違和感がなくご自身の歯とかわらない

インプラント治療のデメリット

  • ・保険の適用ができないため費用が高くなる
  • ・他の治療と比べて治療期間が長い
  • ・糖尿病など特定の疾患がある場合には治療できない

インプラント手術の基本的な流れ

  • インプラント埋入
  • アパットメント装着
  • 上部構造装着
  • インプラント手術完了

インプラント料金表

インプラント精密検査 50,000円
インプラント(上部構造込) 350,000円
※内訳:フィクスチャー埋入20万、アバットメント作製5万、上部構造作製10万
二次手術 1部位20,000円(歯肉形成)
印象 1歯5,000円(ポンティック部含む)

※料金は全て税別表記です。

口腔外科

親知らず抜歯

親知らずは、永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、顎の骨の中に埋まったまま出てこなかったり、出てきても斜めに出てきたりします。
残していても問題ないケースもありますが、ほとんどの場合隣の歯が虫歯になったり、炎症を起こして腫れてしまうリスクがあるため抜歯をしたほうがいいです。
ただ、親知らずが生えてくる近くには神経があるため、普通の歯医者では抜歯が難しい症例もあります。
長坂歯科矯正歯科では、インプラント・口腔外科の専門の医師が在籍していますので他院で抜歯を断られた場合でもお気軽にご相談ください。

顎関節症

口を大きく開いた場合に痛みが生じたり、関節の音がなったりする場合は顎関節症の可能性があります。
一般的な治療方法は、睡眠中にマウスピースを装着することで、睡眠中の無意識な噛み合わせが原因の関節や筋肉などへの負担を減らしていきます。
ほとんどの場合はマウスピースを装着することで改善されますが、マウスピースで効果が無い場合は歯を削るなどで噛み合わせを調整します。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、耳鼻咽喉科や呼吸器科で受診を行い、検査後にマウスピースが必要だと判断された場合に当院でお作りしています。
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に顎が下にさがって気道を塞ぐことで呼吸ができない状態になることですので、特殊なマウスピースで下顎を上顎よりも前方に出すように固定することで気道を広く保ちます。
マウスピースによる治療は軽度から中度の症状で有効とされています。

  • 一宮目立たない矯正NAVI
  • 簡単ネット予約