歯の矯正なら一宮市の長坂歯科矯正歯科へ

予防歯科

歯を残すためにもしっかり予防を行いましょう

虫歯や歯周病にならないようにしっかりケアを行いましょう

現在の歯科治療は、虫歯や歯周病になってから歯医者で治療を受けるのではなく、未然に防ぐ為に歯医者に通院する、「予防歯科」が主流となっています。
歯は1度削ってしまうと元には戻りませんので、虫歯を削ってそこに詰め物や被せ物をしていく事を繰り返していたら、いずれ歯が無くなってしまいますし、治療費もトータルすると高額になってしまいます。
後から後悔しないためにも3ヶ月に1度の定期検診をオススメしています。

歯みがきをしっかりしていれば虫歯にならない?

歯医者とご自宅両方でのケアが大切です

ブラッシング方法には人それぞれ癖がありますので、きちんと磨けていない部分は常に磨き残しがある状態になってしまいます。
せっかく毎日食後に3回歯磨きを行っていても、磨き残している部分はずっと磨いていないのと同じことです。
逆に、3ヶ月に1回必ず歯医者で検診を行い、その度に歯をキレイにクリーニングしていても、毎日のブラッシングを疎かにしていては虫歯や歯周病になってしまいます。
歯医者でのプロフェッショナルケアとご自宅でのセルフケアのどちらかを行えばいいということではありません。
虫歯や歯周病を徹底的に予防するためにも、歯医者でのプロフェッショナルケアとご自宅でのセルフケアの両方を行うことが大切です。

プロフェッショナルケア

PMTC

PMTCとは、歯科衛生士が専用の機器を用いてお口の中を徹底的に清掃するプロのテクニックです。毎日のブラッシングでは落としきれない汚れを徹底的に除去します。

スケーリング

歯石の下にある歯茎は歯ブラシが届かず、細菌がどんどん繁殖し、歯周病が進行してしまいます。
そうならないように歯石を徹底的に除去します。

ブラッシング指導

患者さん1人1人に合わせた歯磨きの方法や歯ブラシの選び方をアドバイスしています。
磨き残しの少ない正しいブラッシング方法を覚えましょう。

セルフケア

歯磨き

歯医者で正しい歯磨き方法の指導を受け、自分に合った歯ブラシでしっかり歯磨きを行いましょう。
毛先が開いてしまった歯ブラシは汚れをきちんと落とすことができませんので1ヶ月に1本を目安に交換しましょう。

補助清掃用具

デンタルフロスや歯間ブラシ等、補助清掃用具を上手に使用することでより徹底的に汚れを除去しましょう。また、フッ素配合の歯磨き粉を使用することでより歯磨きの効果が上がります。

歯ごたえのある食事等の食習慣の見直し

よく噛むことで唾液が沢山出て虫歯の予防になります。
噛みごたえのある食材を活用したり、調理方法にも工夫を凝らしてよく噛むことを習慣づけましょう。

  • 一宮目立たない矯正NAVI
  • 簡単ネット予約