歯の矯正なら一宮市の長坂歯科矯正歯科へ

歯周病治療

歯周病治療

放っておくと歯を失ってしまう怖い病気です

虫歯は歯そのものが菌によって溶けていく疾患ですが、歯周病は歯の周りの組織の疾患です。 初期の段階では自覚症状がほとんどない為、気付かない間に徐々に進行していきます。最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気なので、しっかりとしたケアが必要です。
日本人の8割が歯周病だと言われています。歯のグラグラや出血、口臭等が気になる方は早めに検査する事をオススメします。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯の表面に付着する細菌から形成される「プラーク」です。
このプラークはネバネバした粘着物ですが、歯を同じ色をしているため、肉眼では見つけられません。
プラークは取り除かないと硬くなり歯石が作られ、新しいプラークが歯石に上にでき、炎症を更に進行させてしまいます。

歯周病と虫歯の違い

歯周病の菌と虫歯の菌は違いますので治療方法も変わってきます。
正しい知識をみにつけて歯を守りましょう。

病原菌の違い

歯周病の原因菌は嫌気性菌と呼ばれるもので、歯と歯ぐきの間にひっそりと住み着き、ゆっくりと周囲の組織を溶かしていきます。
一方虫歯の原因菌は、ミュータンス菌などで、歯の表面にはりついて歯を溶かしていきます。

発症部位の違い

歯周病は歯そのものには全く影響がなく、歯ぐきや歯根膜などの周囲組織で発症し進行していきます。
ただ、歯周病菌が増えることで口腔内が虫歯になりやすい環境になることはあります。
逆に虫歯は歯そのものを溶かしていきます。

進行の違い

歯周病は歯と歯ぐきの間で静かに進行していき、長い時間をかけてゆっくりと歯の周りの組織を溶かしていき、最終的には歯を支える土台すべて溶かし、歯が抜けてしまいます。
虫歯は歯の表面からどんどん溶かしていき、最終的には歯をすべて溶かし、内側の神経部分まで進行していきます。神経まで進行すると激痛が走ります。

治療方法

ブラッシング指導

歯周病の原因となるプラークは毎日付いてくるので、日々の正しいブラッシングが最も重要になります。
大人でもほとんどの人が正しいブラッシングが出来ていないのが現状です。
どこが磨けていないのかを理解して頂き、正しいブラッシング方法を指導致します。
また、デンタルフロス等の清掃器具の使用方法もアドバイスしています。

歯医者にて定期検診

プラークは取り除かないと歯石になりますが、こうなると日々のブラッシングだけでは取り除くことが難しくなります。
歯石を取り除くためには、歯医者で歯科衛生士によるスケーリング(歯石除去)を行う必要があります。
いつまでもご自身の歯で楽しく食事をする為にも定期的に歯医者で検診を行いましょう。

  • 一宮目立たない矯正NAVI
  • 簡単ネット予約